必見!建売と注文住宅のメリットデメリット


住宅を建てるとき、注文住宅にするか建売にするかで迷う人は少なくありません。どちらにもメリット・デメリットがありますので、それらを把握して、自分たちに合った住宅を建てるようにすると、満足度の高いマイホームになります。

建売と注文住宅の違いとは?!

建売住宅と注文住宅はどこが違うかというと、間取りや使われる素材の自由度です。建売住宅というのはいわゆる既製品の住宅ですので、自分で自由にデザインすることはできず、決められた選択肢を選んでいくことで家が出来上がります。一方、注文住宅は設計から使用する素材まで自由に依頼をすることができ、設計士と打ち合わせをしたり、自分で図面を引いて希望通りの住宅を建てることができます。当然、建売住宅は坪単価が安くなりますし、注文住宅の方はこだわって作れば天井知らずの金額になります。施工期間に関しても、建売はあらかじめパーツがそろっていますが、注文住宅はオリジナルで制作するものが多いため、引き渡し時期が先になります。

建売と注文住宅、ずばりどちらがオススメ?

どちらがよいかについては、人によっても異なります。建売住宅は、ある程度利用者が満足する住宅を研究して作られていますので、安く家を建てたい、快適に暮らせる住宅を手軽に購入したいというときなどに便利です。建築条件付きの土地を販売していることもあり、手っ取り早く土地と建物の購入も可能です。

一方、注文住宅は、こだわりの家を作りたいという人におすすめです。予算は多めに必要ですが、材質やデザイン、間取りなどのすべてに満足いく住宅を建てたいというときによいでしょう。ただし、こちらの希望をきちんと聞き取って設計をしてくれたり、プロの目線から必要な部分には適切なアドバイスをくれるようなスタッフがいるところにする必要があります。

注文住宅と建売を選ぶ時のポイントとは!

注文住宅を選ぶときのポイントは、担当者と意思の疎通がしやすいところ、利用者からの満足度が高いところがよいでしょう。実際の施工例が近くにある場合には、住宅を見せてもらうのも一つの方法です。見積もりを作るときに、不必要な工事まで強要するのではなく、適切に計算して追加請求もしないところが安心できます。

建売の時には、そのハウスメーカーの評判を聞くのが一番です。同じ住宅になりますので、満足度の高い物件であれば安心して依頼できます。既製品といっても選択肢はいろいろありますので、カタログやホームページで調べてみましょう。選択肢が多く、自由度が高いメーカーを選ぶと、ローコストで満足度の高い住宅も建てられます。