収納スペースの広さを考える


新築住宅を建てるときの注意点はいくつかありますが、収納スペースは充実させておいた方が何かと便利です。家族構成が変わった時、大型の家具や家電を購入した時など、意外と必要に迫られることが多いため、余裕をもっておきましょう。

スペースを有効に使う裏技

新築物件の場合には、収納スペースはいくらでも用意することができます。とはいえ、坪単価や固定資産税を考慮すると、できるだけスペースは広く取るよりも、狭い範囲で高さをとったり、デッドスペースを使うなどの有効な活用をしたいものです。ウォークインクローゼットのように、収納ボックスなどで比較的自由に収納ができるスペースももちろん大切ですが、階段を引き出しにしたり、床下に収納ボックスを取り付けたり、厚みのある壁を一部削って収納場所にするなど、上手にスペースを作りましょう。高さのある収納場所は、昇降式の棚を取り付けることもできますし、大きさのある書棚はパーテーション代わりに使用するなど、工夫次第でいろいろできます。

費用と広さの比較

新築住宅の場合、最初からウォークインクローゼットを設置しておいた方が、収納関係のリフォームなどをせずに済みます。ウォークインクローゼットは一間あたり15万円程度といわれており、比較的設置しやすい価格帯です。床下収納や吊戸棚が10万円近くかかることを考慮すると、収納量からみてかなり割安になっているといえるでしょう。もちろん、玄関の靴箱やキッチンの戸棚、書斎の本棚など、収納スペースはいたるところに必要ですが、ロフトや物置を作らない場合には、ウォークインクローゼットがあるといろいろな活用方法があります。基本的には寝室などに設置しますが、広さと予算に余裕がある場合には、各部屋に設置しておいてもよいでしょう。

ウォークインクローゼットの必要性

新築住宅の多くはウォークインクローゼットを設置しています。ウォークインクローゼットは、天井付近に棚を設置してあり、その下にレールを取り付けて、全体的に衣類をかけることができるようになっています。高さがありますので、床には衣装ケースや小さ目の棚などを置いて小物を収納したり、季節の家電や布団をしまうことができるなど、非常に利便性の高い収納スペースです。和室の場合には押入れが基本ですが、洋室の場合には必要性が高い収納スペースといえるでしょう。閉めているときには扉だけしか見えませんし、扉をスライドさせると間口も広くなり、大きい荷物でも簡単に片づけることができます。他の収納とあわせて、いろいろな活用をしましょう。