注文住宅にこだわりのドアを探すコツを抑えておきましょう


注文住宅を建築する時に、重要なものの1つに玄関ドアがあります。玄関ドアは地味な存在ですが、その家を訪問する人にとっては入り口になりますので、目立つのは間違いありません。では、玄関ドアを選ぶ場合にはどのようなことを知っておいたらいいでしょうか。

注文住宅と建売住宅の違いを教えてください。

玄関ドアを選ぶに当たり、注文住宅と建売住宅で違いが出ます。注文住宅は、施主が設計士と相談をして、こだわりの住宅を作ることができますので、当然玄関ドアを選ぶことも出来ます。

一方、建売住宅は注文住宅と違い、最初から設計された住宅を下請業者が設計に基づいて建築し、出来上がった住宅を希望者が購入することになります。そうすると、建売住宅の場合には注文住宅のようにドアだけを選ぶことが出来ません。気に入らなければ購入後にドアを取り替えるしかありません。ただ、建築前に購入を決めて契約をしている場合には、例外的にドアだけ希望の物をつけることが出来る場合もあります。

このように、注文住宅の場合の方が、自由度が高いのが特徴になります。

住宅の注文とドアの注文は、同じ業者に依頼した方が良いですか。

玄関ドアを注文するときには、注文住宅を建築したハウスメーカーや工務店に注文を依頼した方がいいでしょうか。それとも他の業者に注文をした方がいいでしょうか。これについては、もし、住宅を建築したハウスメーカーや工務店が扱っているカタログに希望のドアがあるならば、そのまま住宅の建築と一緒にドアの取り付けもお願いしてしまった方がいいです。別々に注文をすると少し面倒くさいからです。また、ハウスメーカーや工務店で取り寄せた方が安くできる場合があります。

一方、ハウスメーカーや工務店のカタログを見ても希望するドアが無ければ、自分でお気に入りのドアを探してきて、それを業者に取り付けてもらえば良いでしょう。ただし、サイズを間違えないように注意する必要があります。

ドア業者の選び方を教えてください。

注文住宅を建築する工務店やハウスメーカーでは無く、外部の業者にドアを注文する場合には、ドア業者を選ぶことになります。ドア業者を選ぶ場合には、優良業者かどうかを確認することが大事です。業者の中にはいい加減な取り付けをする業者や保証が全く無い業者があるからです。ドアを選ぶ場合には、できるだけ安い料金で済ませたいと思う人が多いですが、もし安い商品を扱う業者を選ぶ場合には、保証がしっかりとしているかの確認をしておきましょう。メーカー保証以外にも業者の保証サービスがある場合も少なくありません。

また、納期についても気にしておく必要があります。住宅は出来あがっているのにドアだけがない家では見栄えが悪いです。納期が遅い業者は避けるようにしましょう。