注文住宅のコストダウンについて


注文住宅の坪単価は、建売住宅と比べるとやはり高額になりがちです。そのため、多くの人が契約前に値引き交渉をしたり、何らかの方法でコストダウンを図りますが、内容によってはかえって損失になるようなケースもあります。

注文住宅のコストダウンになる業者の選び方

注文住宅を建てるとき、まずは業者選びから始めなければなりません。希望する間取りを伝えて、ある程度見積もりを出してもらうことになりますが、この時に極端に金額の安い業者を選ぶのは考え物です。住宅は、見えない箇所を安いものに取り換えることで意外と簡単にコストダウンできますが、住宅の強度や耐久性が落ちてしまうような方法では、結果的に修繕費が高額になってしまいます。逆に、値引き率が大きすぎる業者は、当初の見積もりを高額に設定している可能性もあります。使用されている素材や設備の内訳を詳しく教えてくれて、なぜこの金額になったのかを説明してくれる業者の方が、結果的にはコストパフォーマンスの高い住宅になる可能性が高いです。

注文住宅のコストダウンのための交渉術

注文住宅をコストダウンしたいとき、やみくもに値引きばかりを要求するのは避けましょう。見えない箇所で粗悪品を使われかねませんし、業者にとってもあまり良い印象を受けません。交渉するときには、具体的な対策と一緒に値引きの交渉をするのが基本です。例えば、床面積を狭くする、ドアや窓などを既製品で済ませる、住宅の形状をシンプルにするなど、ローコスト住宅で取り入れられている方法を取り入れることでかなりコストダウンになります。また、キッチンやユニットバスなども自分で発注すると、マージンがかからないのでかなり安く済ませることができます。設置工事はハウスメーカーに依頼することになりますが、現地まで配達してもらえます。

やりすぎのコストダウンは注意!

注文住宅は、自由度が高いためにコストダウンもそれほど難しくはありません。しかし、基礎や外壁、屋根などの住宅を守る上で重要な箇所で粗悪品を使われたり、いい加減な工事をされると、住宅の寿命自体が短くなってしまいます。また、ローコスト住宅のようなコストダウンの方法も、やりすぎると建売住宅よりもオリジナリティのない仕上がりになりかねません。ある程度コストを抑えるとしても、譲れない箇所をいくつか決めておいて、その部分はきちんと作ってもらうなど、メリハリのある内容にしましょう。ある程度プランが決まってきたら、建売住宅と比較してみるのもよいでしょう。参考になる間取りや設備が見つかり、コストパフォーマンスの高い住宅になります。