夢のマイホームをより暮らしやすく創る


新築住宅に住む予定の人は、金銭面での負担もありますが、それ以上にマイホームを手に入れることが出来る喜びでいっぱいでしょう。一生に一度手に入れるかどうかのマイホームならば、より暮しやすい住宅にするべきです。では、どうしたら暮しやすい住宅にすることが出来るでしょうか。

新しいおうち、夢はふくらみますね

新築住宅を建てる時には、オール電化にすることで、長期的に見たときに光熱費を安くすることが出来ます。オール電化とは、ガスを利用する代わりに電気で利用することです。たとえば、お風呂の時に出すお湯などは、ガスではなく電気で沸かすことになります。そうすることで、ガスを一切使わなくなります。オール電化のメリットは、光熱費が安くなることや、電気は発電時に二酸化炭素を排出しないため地球環境にもよいことです。

オール電化にするためには、キッチンをIHクッキングヒーターにして、給湯器もガス給湯器から電気給湯器に取り替えることが必要になります。IHクッキングヒーターの特徴は、ガスコンロの半分ぐらいの時間でお湯が沸くことです。また、火が出ている訳ではありませんので火事になりにくいという利点もあります。電気給湯器もお湯になる時間が早いのが特徴です。

オール電化の可能性とは?

住宅をオール電化にすることが出来るかどうかは、費用さえ出せれば十分実現することが出来るでしょう。もし、中古住宅を購入したり、すでに住んでいる住宅を途中からオール電化にする場合はとてもお金がかかります。ですが、新築を建てる前であれば、オール電化にすることはそれほど難しくありませんし、費用も途中から変更するよりもかかりません。およそ50万円ほどで設置が可能です。

ですが、単に流行っているからという理由でオール電化にすると、後でガスの方が良かったと言うことにもなりかねません。もし、オール電化にする場合には、その目的を明確にすることが大事になります。例えば、その地域でプラパンガスを利用している場合、プロパンガスの料金が都市ガスよりも遙かに高いことがあります。高いガス代を支払いたくないという理由ならば、電化する目的が明確になっていてよいでしょう。

これで万全!マイホーム

新築をオール電化にするときに気になることがあるとすれば、昼間の電気代です。オール電化で電気代を安くするためには、夜間に電気を利用するプランにしなければなりません。夜間は起きている人が少ないため、その分電気代も昼間より何割か安くなります。ただ、夜間の電気代が安くなるプランは、昼間の電気代が高くなります。もともと、夜間料金が安くなるプランは、昼間の電気を利用している家庭や企業が多いので、昼間は電気を極力使わないようにしてもらう狙いがあるのです。

そこで、昼間はできるだけ電気を使わずに、夜間に電気を使うように心がけることが節約のために大事になります。例えば、スマートフォンの充電は昼間にするのではなく、深夜の寝ている時だけにするなどの工夫をすれば、毎月の出費対策は万全です。