自分だけのオリジナルの家に住める




注文住宅は一般的に販売されている住宅とは違い、予算が許す限り自分の理想を突き詰めることが出来る住宅です。様々なメリットがあるので、これを機に注文住宅を建てる計画を立てるのも良いかもしれません。注文住宅にはどのようなメリットがあるのか、ご紹介します。

世界にひとつだけの、あなたの家!

どんな建て方でも自分の理想を思う存分反映させることが出来る注文住宅は、まさに世界に一つだけの家になるでしょう。

既存の住宅では決まった内装や外観、設備など様々なところで我慢する必要性がありますが、注文住宅は土地選びから始まるので自分で理想的な周辺環境や立地条件を満たせる土地を探すことが出来ます。他にも設備のグレードを上げたい、もっとおしゃれな内装にしたい、広々とした間取りにしたいといった要望も反映することが出来るので、あらゆる面で自由度が高いのが大きな特徴です。

計画に時間をかければかけるほど入居するまでの期間が長くなりますが、建設中の現場の様子も見られるのでどこまで建設が進んでいるのかチェックして完成を待つ楽しみが出来るかもしれません。

実際の発注から完成までの流れ

まず注文住宅を発注する前に住宅のイメージ作りから見積もりまでを行う必要があります。どんな家に住みたいのか家族で話し合い、その中で資金計画を立てておきます。イメージや資金計画が固まってきたら、次に施工会社選びと土地探しを行います。そして同じ条件で複数の会社に見積もりを出してもらってからようやく発注になります。

建て方によっては見積もり内容が変わるので、見積もり内容に納得したら工事請負契約書を結びましょう。この時、不明な点がないか全ての書類を確認することが大切です。契約が完了次第着工に入りますが、完成するまで任せっきりにするのではなく、時々現場の様子を見に行きましょう。何か不具合があればその場で修理をお願いすることが出来ます。住宅が完成したら工事完了書に捺印し、鍵と保証書を受け取ってから引き渡しが完了となります。

注文住宅には、こんなメリットが!

注文住宅には建て方によって間取りの自由度が高いこと、施工過程がチェック出来る、自分の個性を反映させることが出来るといったメリットがあります。

人によってライフスタイルには大きな違いがあります。一般的な住宅では自分のライフスタイルに合わないことがありますが、注文住宅では自分のライフスタイルに沿った間取りにすることが出来ます。また、どのような作りになっているのか、現場で施工過程をチェック出来ます。高い買い物だからこそ災害などで住宅が倒壊していくのは絶対に避けたいものですが、建設途中で災害に強いということが分かるだけでも安心でしょう。さらには個性によって常識外れの変わった住宅を建てることも可能です。趣味に合わせて様々な設備をつけることも出来るので、自分だけの個性豊かな住宅に住めるのは大きなメリットです。