持ってく物、買う物。新築の家具あれこれ


新築マイホームでの新生活に合わせて、家具も新しいものに買い換えると、気持ち的にも一新できることでしょう。愛用しているものを無理に捨てる必要はありませんが、間取りなどの違いに応じて買い替えを検討することがおすすめです。

新築での生活のために揃えたい家具エトセトラ

新築の家に引っ越す場合、新しい家具を揃えるきっかけになります。今まで使っていたものが古くなった、あるいはサイズが合わないという場合も、思い切って買い換えることも必要でしょう。特にサイズの大きなベッドや食器棚、あるいは冷蔵庫などは、搬入に手間がかかる上、もしかしたら入らないかもしれません。

また、新築での新生活ということで、色やデザインを統一するというのもおすすめです。特に人目に触れるダイニングテーブルやソファなどは、費用に余裕があるならば買い替えると気分が大きく変わることでしょう。大型家具を取り扱う店舗では、数カ月先の搬入予約に応じてくれる店が多いので、引っ越し前から順次、必要なものを検討しておくとスムーズに引っ越しを完了させることができます。

新築に家具を搬入する際の注意点

新築に引っ越すとは言え、思い入れのあるものや高価な家具はなかなか捨てづらいものです。どれを買い換え、どれを残しておくかについては、新しい生活に対するイメージを膨らませながら検討すると良いでしょう。また、搬入して生活を始めた後で、やはり必要なかったとして廃棄することも可能です。焦って処分してしまわず、ゆっくりと考えてみてください。

ただ、家具の搬入には色々と手間がかかるというデメリットもあります。引っ越し業者の作業量が増えるため費用も高額になりやすい上、プロが作業するとは言えども、なんらかのトラブルで新築に傷がついてしまうかもしれません。特に注意したいのは二階建ての物件で、大型のベッドや棚を搬入する場合でしょう。事前に間取り図や写真などを見せて、業者と綿密な打合せをしておくことに加えて、「難しいようであれば搬入を諦める」といった算段を立てて置くと当日慌てずに対応できます。

新築での生活を契機に不要になった家具の処分について

取捨選択の上、すでに持っている家具を処分することになった場合、その対応を行わなければなりません。新築の住居に庭や車庫などがない場合、置場に苦慮することになりかねないため、できれば早め早めの行動をおすすめします。

まず、分解することが難しい家具の場合は、「公的に活動している粗大ゴミ回収業者」や「民間の粗大ゴミ回収業者」に廃棄を依頼する方法があります。公的な方が費用は安い傾向にあるものの、引き取り予約が二週間以上先になることも珍しくありません。急ぎ対応が必要だという場合は、民間の業者に依頼すると良いでしょう。

家具の質や状態が良いのであれば、リサイクルセンターのような中古品取扱い店に引き取ってもらうという方法もあります。ある程度の品数があれば、引き取りサービスが利用できることもあるので、上手に活用すると手間もかからずおすすめです。