注文住宅を建てる前の重要な調査について


注文住宅を建てるときには、その土地の調査をする必要があります。住宅がいかにしっかりとしていたとしても、土地が軟弱ならば意味がありません。そこで、土地の地盤の調査が必要になります。どのくらいの費用がかかるでしょうか。また、どのような方法で調査をするでしょうか。

注文住宅を建てる前には調査が必要!

注文住宅を建てる場合には、地盤調査をすることが大事になりますが、地盤調査をする理由は、地震によって地盤が崩れる恐れがあるからです。いくら耐震性のしっかりした家であっても、地盤が軟弱であっては意味がありません。地盤の基礎知識として、地盤には3種類あることを知っておく必要があります。

1つは強固地盤です。かなり堅い地盤ですので、地震が来ても建物の揺れは少なくて済みます。次に、良好地盤です。強固地盤よりは揺れるものの、大きな地震でも耐えることが出来ます。畑だった場所に家を建てる場合には、良好地盤の可能性があります。最後に軟弱地盤です。元々池だったところを埋めたり、造成地の場合には軟弱地盤の可能性が高くなります。

参考にしたい!注文住宅の調査にかかる費用の目安

地盤調査をする場合には、どれくらいの費用がかかるでしょうか。地盤調査の方法は大きく分けて2種類あります。1つは、スウェーデン式サウンディング試験です。この方法は、機械にドリルが付いており、そのドリルで地面に穴を開けて地盤を調査する方法です。この機械は、2トントラックに乗せられるほどの大きさですので、割と軽量な一戸建て住宅を建てる時に用いられます。その費用の目安はおよそ6万円から7万円になります。

もう一つは、ボーリング試験です。本格的な重量鉄筋の注文住宅を建てるときにこの方法で地盤を調べていきます。井戸を掘るときのように、柱を4本立てかけて地面に穴を掘っていきます。費用は20万円から30万円になります。

注文住宅の調査の一般的な流れ

新しく注文住宅を建てる前の地盤調査はどのような流れになっているでしょうか。まず、地盤調査会社を選びますが、この時には、工務店やハウスメーカーに問い合わせると、地盤を調査する会社を選んでくれます。その結果、データが出てきますので、そのデータを会社に送信してデータの内容を確認します。結果が出ると、その土地に地盤改良が必要かどうかの判断をします。もし、改良が必要なければそのまま建物を建築しても問題ありません。一方、軟弱地盤で改良が必要な場合には地盤改良をしますが、その方法も2つあります。

比較的浅いところに優良地盤があれば、地盤の入れ替えだけで十分です。もし、優良地盤が2メートル以上掘らないと出てこないときにはコンクリートの杭を打ち込む必要があります。