リビングの広さで快適度が変わる?


家を建てる時の間取りを考える時、まず家族構成に応じた部屋数が最優先で、次が水回りになり、最後がリビングになるケースがあります。限られた予算やスペースの中で、ある程度は仕方のないことですが、その中でもスペースのバランスを見直すことで快適なリビングを得られる可能性があります。

リビングの広さと快適性の関係

リビングを快適と思うか否かは、居心地がよいかどうかによるでしょう。家族全員が集った時でも、時にはルーズな姿勢をとることができる広さがあれば快適ですし、家族揃ってゲームができる広さがあれば、より長く楽しい時間を過ごすことができます。反面、それらを楽しむスペースがないとやがては窮屈感を感じ、それぞれの個室でくつろぎたいと思うようになるのです。

従って、家を新築する時に、むやみに広いスペースを作る必要はありませんが、家族構成に必要なスペースに少し余裕をもたせた広さと、居心地よさを演出してくれる家具などのスペースを含めたものが快適なリビングの広さとなります。そのためには、個室のスペースを削ることも必要になるかも知れません。

広いと感じるリビングの広さ

一概に快適なリビングの広さを定義することはできませんが、4人家族を想定した新築では少なくとも10?12帖大は必要でしょう。具体的には、4人がゆったり座れるソファーとローテーブルで6.5m2、テレビ台等で1.0m2、サイドテーブルや飾り棚なども必要でしょうからこれらにも1.0m2、合計で8.5m2となります。そして人が自由に動けるスペースとして、仮に4人が同時に動くとすれば、それに必要なスペースは2.0×4で8.0m2が必要となり総合計では、14.5m2となります。これは、約10帖大となりますが、実際のレイアウトでは余裕も含めて12帖大が必要となります。

なお、単に数字上の広さだけではなく、その縦と横の最低限の奥行きも必要になります。例え広さが12帖大でも短辺の奥行きが3mほどでは決して広いと言う感じを持ちません。少なくとも4mほどの奥行きは必要でしょう。

リビングの広さの重要性

リビングの最大の目的は家族が集う、つまり時間を共有することにあります。それが、必要な広さが足りないと言う物理的な理由で出来ない、あるいは苦痛になるようでは意味がありません。家族が集うはずのリビングに必要な広さがなく、窮屈な思いをするようでは決して快適とはいえないのです。また、広さはあってもその形やダイニングなどとの繋がりが悪ければ、共有する時間が分断されてリビング本来の機能が果たせません。

家を新築する時に、限られたスペースの中で、ジグソーパズルのように苦労する間取りであっても、最優先しなければならないスペースはリビングです。それが、リビング・ダイニングであっても家族が集い、快適な時間を過ごすためには、必要十分なスペースを確保することが最も重要なこととなります。