部屋の内装で失敗しないためには


家を新築するなら、素敵な部屋作りにこだわりたい人も多いでしょう。しかしデザインだけで無く使い勝手が良いことも大切です。ここでは、失敗しないための部屋作り(内装)について、重視するポイントを紹介します。

収納スペースで失敗

住宅の新築では、注文住宅の場合、自分好みに間取りの配置が可能です。とは言え、新しい住まいで暮らしてみて初めて分かる事柄も少なくはありません。後悔しないためにも暮らし易さを考慮して、建設に入る前に丁寧に設計を見直す必要があります。特に収納スペースはライフスタイルと深く関わりのある住宅設備です。生活を送る内に自然と荷物が多くなることを考えて、部屋の広さを優先するよりもある程度は収納へスペースを割きましょう。例えば収納に必要な奥行きは何を収納するかを先に考えます。布団の収納なら、約1メートル前後の奥行は必要でしょう。またクローゼットなどの洋服を収納するスペースなら60センチ程度がベストです。この様に収納するアイテムによって収納し易さと取り出し易さを考慮すると失敗が少なくなります。

コンセント位置、数で失敗

コンセントは数が少な過ぎると必要な分を後で増設する際に手間と料金が掛かり、あまりお得ではありません。住まいを新築する際に、設計の段階で電化製品や家具の配置をシュミレーションすると、どこに幾つのコンセントが必要なのかが把握し易くなります。実際に新たな住まいで家電を使用する際に、二股配線となったり、長いコードを床に這わせるなどの後悔や失敗を避けるためにも、必要分のコンセントに幾つかをプラスして設置すると良いです。数に加え、コンセントは配置する位置も重要です。近年では家電製品に附属するコードが短い傾向にあります。ミキサーやランプなど高めの位置で使いたいアイテムは床の近くへ設置したコンセントにはコードが届き難いでしょう。どの場所で何を使うのかを判断して使い勝手の良いコンセントの配置を考えることが大切です。

部屋の配置で失敗

住まいの新築では、デザインやゆとりのある間取りなどにこだわりが向きがちですが、憧れの住まいに対する希望は一定に抑えて、住み心地の良い部屋の配置を考えることも重要です。住まいの設計では家族の目線で間取りを考えがちになります。例えば人にあまり見られたくない浴室やトイレなどの設備は、玄関や客室周辺など、人(来客)の出入りが考えられる場所へ配置すると、扉を開いた時に中が丸見えになるケースがある様です。またお洒落さを追求してリビングを個性的な形にすると、置ける家具に制限が出たり、家事導線に影響が出る間取りになるなど、失敗や後悔となるケースがあるため注意しましょう。その他、日当たりも考慮しましょう。室温の上昇や陽射しが使用感に影響するキッチンやロフトなどの配置では、西日の当たる方角は避けた方が無難です。