理想の間取りと使える間取りの違いとは


注文住宅であることのメリットの1つに自由に間取りが決められるということが挙げられます。一般的な間取りにとらわれず、自分たちのスタイルや趣味に合わせて決めることができるので理想の間取りになるはずなのですが、実際には使える間取りとは少し違ったものになることもあるようです。

一般的な新築の間取り

一般的な新築の間取りの実例として考えられるのは、1階にキッチン・お風呂などの水回りがあり、キッチン・ダイニング・リビングが一定のつながりを持って接している間取りです。そして2階には家族のプライベートな部屋があり、個々の部屋を廊下でつなぐというスタイルがよく見られます。

確かにこの間取りを考えてみると、1階をファミリースペースとすることで家族のだんらんを図ることができ、来客があった際などにも家の一階部分で対応できる、家の奥にあたる2階の自室ではプライバシーが保たれるなどのメリットが多く存在します。しかし、家族の形やスタイルはさまざまですので、この間取りがすべての家族にとって最適であるとは言えないのも事実です。

新築の間取りに満足している人が間取りを決めた実例

一般的な間取りにとらわれず、新築時に自分たちに合った間取りを選んだ人は家に対しての満足度が高いと言えます。

その家族では新築の2階建て住宅の建設に際し、2階にキッチンお風呂などの水回り、そしてキッチン・ダイニング・リビングといった共用部分と子供部屋を設置し、1階部分に主寝室と仕事部屋、和室などを作りました。このような間取りにした理由は、自宅で仕事をすることが多い人であったために仕事とプライベートと切り離したかったこと。そして、建設地が丘陵地であったため、眺めの良いリビングにしたかったということがあったようです。

実際この家に暮してみると、仕事関連の来客があった場合でも1階だけで対応でき、また、2階に子供部屋を設置したことで子供が小さい間はすべてが2階だけで済むようにできたことで予想以上に使い勝手のいい間取りなったようで、生活スタイルに合ったよい間取りの実例と言えるでしょう。

新築の間取りに満足していない人が間取りを決めた実例

一方、新築の間取りに満足していない実例では家族の状況と間取りとがマッチしていないというケースが多くあります。

ある家族では家族が一緒に過ごすリビングを大きく取るというプランを考え、一般的な間取りを参考にして家を建てました。しかし、その家族の子供たちは成人に近い年齢でしたので、実際その家で暮らしてみるとリビングで過ごす時間が少なかったのです。こうなると広いリビングはあまり活用されず、間取りについて満足できないということになってしまったのでした。

このように間取りとは、いくら理想に近い形をとっても、実際の生活スタイルに合ったものでなければ使いにくいものになってしまいます。家は長く住むところですから、新築の際には生活のスタイルと共に今後の家族の変化も考慮に入れて計画していくことが大切なのです。