注文住宅の床暖房の種類、費用、メリットを考えてみます


寒い時期は体調を崩さないように、体を温めるために暖房設備はとても重要なものになります。そのためエアコンやストーブなどを利用するところも多くありますが、床暖房を利用するところもあります。床暖房はエアコンやストーブに比べ費用が高いため、特徴を理解した上で導入することが大切になってきます。

どんなメリットがある?注文住宅の床暖房

注文住宅など細部にわたり必要な機能を取り込ませる住宅では、快適に暮らせることが重要なことになり、冬の寒さをどのように対処するのかも重要なことになります。その際にエアコンやストーブだけでなく、床暖房を設置することも選択肢の一つになり、床暖房を設置するメリットは、足元から暖まることができることです。エアコンやストーブは暖かい空気が出てきますが、これは部屋の上の方へ溜まってしまい、床などには冷たい空気が溜まることになります。床にそのまま座ったり椅子に座ったりすることは、冷たい空気寄りにいることになり十分な暖かさを得ることができません。しかし床暖房を利用することで、床の冷たさを失くすことができ足元から温めることが出来ます。

注文住宅の床暖房はこんな種類があります!

注文住宅の床暖房の種類は大きく分けて2つ、温水式と電気式になります。温水式は、ボイラーなどで温めたお湯を、床下の温水パネルの中を循環させて、床を暖める仕組みとなっており、熱源としてガスや石油、電気などを使います。電気式は、床下にヒーターを内蔵したパネルを設置し、電気を流すことで温める仕組みになります。また、これらには仕上げ材一体型と分離型とがあり、使い分けることが大切です。仕上げ材一体型は、フローリングなどの床材にシステムが組み込まれているものであり、施工がしやすいことや温度が早く上昇する特徴があります。一方の分離型は、仕上げ材の種類やデザインなどを自由に選ぶことが可能であり、フローリングだけでなく畳やタイルなど自分の好みの床材にすることができます。

注文住宅に床暖房を導入するのに必要な費用の目安

注文住宅を建てるには、大きな費用が必要となり、床暖房を導入するにしても費用面で悩むことになります。しかし、注文住宅を建てる時に導入せずに、歳を取るなどして体が弱ってきたときに、リフォームで床暖房を導入しようとすると、総合的に費用が高く付くことになります。リフォームで導入するとなると、床材を張り替えることも必要になるのでその分の費用がかかるだけでなく、使える設備が限定されてしまうこともあるため、注意が必要になります。しかし、注文住宅を建てる時に床暖房を導入すれば、張替えなどの費用がない分安く済ませることができます。費用の目安としては、12畳のリビングに導入する場合、温水式で80万円、電気式で70万円ほどになります。またメーカーによっても費用が違うため、必要な機能や性能があるものを見つけることも重要になってきます。