初めての注文住宅!何から始めれば良いのか


注文住宅には様々なメリットがあるものの、何から始めればいいのか分からない場合があるでしょう。自分の要望を取り入れてもらえるので、まずは自分がどんな家に住みたいか考えるのが良いかもしれません。注文住宅とはどのようなものなのか、ご紹介します。

注文住宅とは!?

自分の家を購入するというのはとても大きな買い物になるので後悔することのないようにしたいものです。注文住宅は自分のこだわりたいところをとことんこだわることが出来る、理想の家作りの方法です。

自分の要望や希望を反映させることが出来る為、一般的に売られているような住宅にはない住まいを手に入れられるのが最大の特徴です。事前に見積りを取ってもらうことでいくら費用がかかるのか分かるので、こだわる必要がないところはこだわらない、逆にこだわりたいところに費用をかけることも出来ます。また、設計次第では住宅を建てた後に増改築がやりやすくなるので住まいの幅が広げられるなど、様々な魅力があります。設計に時間がかかると入居出来るまで時間が長くなりやすいので注意が必要です。

自分達だけの住宅にしよう!何から始める?

注文住宅の見積りを行う前に始めることは多くあります。まず一番最初に行っておきたいのが、どのような住宅に住みたいのか家族で話し合うことです。

理想的な住まいを建てる為にもこれだけは譲れない条件や、周辺環境や立地条件など家族のライフスタイルに沿ったイメージを固めていきましょう。次に土地代と建物代の資金計画を立てます。現在の貯蓄はどれくらいなのか、住宅ローンを利用するなら無理なく返済出来るかどうかなど細かなところまで見積もっておくことが大切です。そして住宅を建てる前に重要なのが土地探しです。土地は自分で探す必要があるので、理想的な土地が見つからない場合は視野を広げる必要性があります。土地が見つかったら、信頼出来る施工会社を探しましょう。施工会社が見つかり次第、土地の購入を行ってから設計が始まるという流れになっています。

見積もりをきちんと取りましょう

注文住宅を建てる際に信頼出来る施工会社を探すことになりますが、まずは複数の施工会社に見積りを取ってもらうことが重要です。

同じような工事内容でも施工会社によっては一部分の施工が出来ないこともありますし、必要な費用が全く違うことも十分にあります。どんなに丁寧な対応をしてもらったからといって、見積り金額が安くなるわけではありません。逆に一番安いからといって粗末な工事を行うわけではないことを覚えておきましょう。

複数の施工会社に見積りを取ってもらう際には、営業マンがどのような対応をしてくるか、その会社はどのくらい施工実績があるかなどに注目しましょう。場合によっては大幅に費用を削減することが出来るので、資金計画にも影響してきます。