新築購入の前に!知っておきたい準備の情報


新築住宅を購入する時には、準備をしっかりしてから購入をするべきです。住宅は思いつきで買えるものではありません。あまり考えずに数千万円の住宅を購入しても、後で後悔することになるでしょう。では、どのような準備が必要でしょうか。

新築を購入する前に必要な準備はこれ!

新築住宅を購入する前に、必ず準備をしておきたいのが頭金です。最近は、頭金無しの住宅ローンもあります。頭金無しでも購入することは出来ますが、毎月の返済の負担が大きくなり、生活を大きく圧迫する恐れがあります。実際に、住宅ローンを途中で返済できなくなり、泣く泣く売却をした人も数多くいます。もし、住宅ローンを頭金無しで組むならば、よほど資力が無いと厳しいです。

では、どれくらいの頭金を用意したらいいでしょうか。頭金といっても、人によって用意をする額が全く異なります。50万円だけ頭金を用意したという人もいれば2000万円以上は用意した人もいます。平均的には200万円から300万円が多いのが特徴になっています。

新築購入の準備をスムーズに進めるためのコツを知っておこう

新築の準備をスムーズにするためのコツは、事前にどれくらいのお金がかかるかを頭に入れておくことです。住宅は本体価格だけが必要な訳ではありません。頭金も必要ですし、諸費用も必要になります。これらの費用を明確に計算することで、まずはどれくらいの費用が必要で、毎月の返済はどれくらいになるかがわかります。

例えば、3000万円の住宅を購入したら、頭金は200万円だとして、諸費用は250万円ぐらいはかかります。そうすると、最初に用意するお金は頭金と諸費用の450万円であることがわかります。ただし、生活費も考えて100万円以上は余分に貯めておくことが大事です。次に、2800万円借りるとすれば、35年で毎月どれくらいの支払いがあるかを計算しておくことで、いつまで頃住宅が手に入るかがわかり、準備がスムーズになるでしょう。

新築購入のための準備はカンペキですか?

新築購入の準備は必ず予定通りにいくとは限りません。準備をしておいたお金以上に出費が予想される場合なども考えられます。例えば、金利が突然上がった場合です。このようなことも予想して余裕を持って完璧に資金の用意をする必要があります。

もし、どうしても資金の準備が不安定ならば、ワンランク下げてもう少し値段が安い住宅を購入するほうがよい場合もあります。無理をしてギリギリの資金で住宅を買ってローン地獄に陥るよりも、少し妥協をしてでも安心出来る生活を送る方が夫婦関係もぎくしゃくしなくて済みます。また、精神的に余裕ができる結果、よい家庭環境を築くことができ、子供の教育にも良い影響を与えることになります。その点まで考えて住宅購入の準備をすれば完璧です。