健康を作る場所!キッチンのこだわり、選び抜き!


キッチンは、家族のために毎日おいしいご飯を作る場所なので、衛生的で使いやすいものにしたいですよね。料理をするのが楽しくなるような空間になれば最高です。そんな素敵なキッチンを選ぶのに役立つ方法をご紹介します。

後悔しないシステムキッチンの選び方

新築でキッチンを選ぶ際には決める部分が多く迷いますが、組み合わせ次第で理想通りのキッチンに仕上がります。リビングを見渡しながらにぎやかに料理したい場合は対面型が向いていますし、周りを気にせず料理したい方は壁付の方が向いています。家族のライフスタイルを考えてタイプを考えましょう。色を選ぶ際は、家全体として統一させたい色やデザインを重視します。食洗機など特殊な機能を追加する場合は、必要なものをリストアップして、予算と照らし合わせながら選びます。写真だけを見て決めるのではなく、できればショールームに足を運び実物を確認し、実際の機能を体感してから決めるようにすると、より納得したキッチン選びができます。

キッチンは効率的に使いたい!

キッチンは年々追加や変更ができる機能が充実してきています。例えば換気扇ですが、すぐに汚れてこまめにお掃除する必要があります。そこで、油汚れが付きにくいコーティングがされたフィルターレスの換気扇にすると、軽くふき掃除をするだけで済むのでお手入れが簡単です。またパネルについては、対面型で水回りをあまり人に見られたくない場合に、前面に高さ10cmほどのパネルをつけて手元を隠すことができます。その際、油汚れや水垢が付きにくい素材のパネルにすることができます。さらにシンクについてですが、今は奥行きも幅も広くて水滴が飛び散りにくいものや継ぎ目や段差をなくして汚れがたまりにくいものがあります。新築時のままの美しいキッチンを保ち、効率よく作業できるキッチンプランを考えましょう。

キッチンこそ収納やインテリアにこだわりたい!

キッチンの色やデザインは室内の雰囲気に合わせて、スタイリッシュなタイプ、木目調の柄などの中からふさわしいものを選びましょう。無垢素材のキッチンは木の温かい魅力を味わえるとともにインテリアにも最適です。キッチン備え付けの収納にも、収納したいものに合わせて中の仕分けを変えることができます。収納部分の取っ手や幅なども好みのものに変えられます。キッチンの上部に収納を追加することもできますし、キッチンとおそろいのデザインで別途食器棚や食品庫を追加しても、統一感があっていいですね。新築時に木材で1段から2段ほどの小さな棚の取り付けをお願いし、小物やおしゃれな容器に入れた調味料などをならべてカフェ風に仕上げてみても、毎日の料理が楽しくなりそうです。