普通住宅と注文住宅の違いについて


一般的に建売されている普通住宅と注文住宅では大きな違いがあります。注文住宅にしかないメリットがあれば普通住宅にしかないメリットもあるなど、違いを知る必要性があるでしょう。どのような違いがあるのか、ご説明します。

注文住宅っていったい何?

注文住宅とは自分の好みやライフスタイルに合わせて希望する間取りや外観、内装など細かなところまでこだわることが出来る住宅です。

普通住宅と違って細かなところにまでこだわれるので、理想の住まいを手に入れることが出来るのが大きな特徴です。価格も自分である程度調節することが出来るので、こだわらないところが増えるほど節約にもなります。

購入計画を立てる時から入居出来るまでの期間が長くなりがちであったり、あらゆるところまでこだわっていくと費用が高額になりがちになったり建物が完成していない為に住宅ローンが組めなかったりといった多くの注意点がありますが、完全オーダーメイドで自分だけの住宅に住むことが出来るのはそれ以上に大きなメリットだと言えるでしょう。

普通の住宅とは何が違うの?

普通住宅と注文住宅の違いは土地や品質、間取り、費用などが挙げられます。

まず、土地に関しては普通住宅の方が良いでしょう。利便性の高い土地に住宅が建っていることが多いですが、注文住宅は家を建てる前に土地を探さなければなりません。また、普通住宅だと注文住宅より安い分、それなりの品質となっています。しかし、注文住宅は下手に質を落としてしまうと万が一クレームが入ってしまう恐れがあり、評判に大きく響いてしまうので一定以上の品質が保証されています。

普通住宅だと既に間取りが決まっているので内覧した際にイメージがしやすいのが利点ですが、注文住宅はこちらの要望を聞いてから設計するのでその都度間取りが変わります。要望次第では節約も出来ますし、完成した時に自分に合った住まいに暮らすことが出来ます。

注文住宅で節約できるの?

注文住宅で気を付けておきたいのは、細部にまでこだわっていくと途端に高額な費用になってしまうということです。要望を伝える段階で注意しておかないと、あっという間に予算オーバーとなってしまいます。

よって費用を出来る限り節約する為には、どうしてもこだわりたいところだけをこだわり、それ以外はある程度にすることです。こだわらないところに費用はあまりかからないので節約に繋がりますし、設備のグレードを落とせばその分費用が抑えられます。また、完全オーダーメイドにすると費用が高くなりがちになるので、既製品を使うのも得策です。特注ではなく既製品でも構わないと妥協することで費用が節約出来るので、既製品を使用することも視野に入れる必要性があります。