大型犬から小型犬まで、健やかに過ごせる快適空間です。


最近では集合住宅でもペットの飼育が可能な物件が増えてきましたが、大きさや頭数などの制限があるというのも事実です。戸建住宅ではそのような制限もなく、大型犬や複数の犬を飼うことも可能ですので、現在飼育している場合やこれから飼おうとしている場合には、その犬たちが快適に過ごせる空間にしておくと良いでしょう。

ペット専用洗い場完備

住宅に備えておきたい設備やペット可のマンションのオプションとして人気なのがペット専用の洗い場です。ペット専用の洗い場は無くてもお風呂場などで代用できますが、あると便利なことがたくさんあります。

例えば、お風呂場でペットを洗う際には飼い主はかがんで作業する必要がありますが、人によってはその姿勢が足や腰の負担になる場合がありますので、高い位置で作業できる洗い場があれば大変便利です。また、散歩から帰ってきた時に玄関付近にこの洗い場があれば、汚れた足をその場で洗わせてから室内に入れることができます。

新築で家を建てる場合にはそのような事情を考慮してペット専用の洗い場を作っておくことができますので、ぜひ検討してみましょう。

大型犬でも可能物件

室内で犬を飼う場合、特に大型犬には必要とされる設備があります。

それは犬の生活に快適な素材を使った床や階段などです。例えば、フローリングは人間にとって快適な床材ですが、犬にとってはそうではありません。犬の足は爪を地面に引っ掛けて歩くため、フローリングのように引っ掛けるところがない素材の床だとツルツル滑ってしまいます。そして、その滑る床で何とか歩こうとすると腰などに影響してヘルニアになってしまうこともあり、特に大型犬の場合は平均寿命が長いのでその傾向が強いようです。

また大型犬は小型犬と違い、自分で階段を降りることもできますが、滑ることで落下の可能性もあります。

これらの危険を回避するためには、注文住宅であればカーペットや凹凸のあるタイルなどを床材として採用したり、新築の建売住宅を購入するのであれば、もともとペットと暮らすことを前提として建てられたペット可の物件を探すと良いでしょう。

ペットと遊べるスペース完備

そして、ペットを飼うことを前提としているのなら、新築や注文住宅の計画にペットと遊べるスペースの確保もしておくべきでしょう。

庭がある程度確保できるのであれば、柵などを設置して犬が自由に走り回れる場所を作ったり、室内にも家具の少ない空間を作ることで家の中でも犬と一緒に遊ぶことができます。

このように住宅を大型犬から小型犬までが快適に過ごせる空間にするには犬の生態を知り、それに対応した設備を注文住宅に設置したり、動物との暮らしを前提としたペット可の住宅を探す必要があります。そのためには通常の住宅の建設や家探しよりも少し手間が掛かることもあるかも知れませんが、家族の一員としてのペットの健康と飼い主の快適性向上のため、時間に余裕を持って取り組んでみてはいかがでしょうか。