新築には中古にはない新しい設備がついているのです。


家を購入しようと考えた場合、「新築と中古、どちらにするか」を検討することになるでしょう。一生の買い物なのだから、新築が良いに決まっている、とは限りません。それぞれ異なった魅力やメリットがありますので、その特徴を理解した上で決定することが大切です。

新築と中古、どっちがおすすめ?

夢のマイホームと言えば新築物件をイメージしやすいものですが、利便性の高い駅前などになればなるほど、必要な費用も高くなります。特に土地そのものの費用が高額になるため、新築の注文住宅を建てようとするとかなりの資産が求められるでしょう。建売物件も視野に入れる必要があるため、「自分好みのマイホーム」を実現することは簡単なことではありません。

一方、中古住宅は間取りや設備などがすでに決まっているものの、新築よりも安価に購入することができます。一部リフォームをすれば快適に生活することができる物件を選ぶというパターンが多くみられます。また、「ファミリータイプ向けの間取りが広い家」が中古として売り出されやすいので、子育て世代にぴったりの物件が見つけやすいというメリットもあるのです。

このように、単純に「新築vs中古」と考えるよりも、自分の所有する資産や将来のことを考えて、トータルで判断することが大切です。

新築ならではの魅力とは!

もちろん、新築ならではの魅力は少なくありません。「vs中古」として考えた場合、「自分の力で家を建てた・買ったという満足感を味わえる」や「注文住宅なら、自分好みの間取りや設備を取り入れられる」といった魅力に溢れています。

例えば、家事をする人にとってキッチンの高さなどが体に合わないと、日々ストレスを感じる原因となりかねません。また、設備においても「自分にとって不可欠なもの」は個人によって大きく異なるものです。こういった部分に妥協をしないことで、長期的な心地よさを味わうことができるでしょう。このため、新築物件がおすすめな人は「家や家具に対して、自分のこだわりや思い入れが強い人」であると言えるでしょう。

中古だってこんなに魅力がある!

反対に中古住宅の魅力にも、捨てがたいものがあります。「vs新築」とした場合、最も大きな魅力に「より利便性の高い場所で、より費用を抑えて購入することができること」が挙げられるでしょう。都心などのアクセスに優れた場所や、子育てに優れた利便性の高い住宅地などは、人気が高いために高額になりがちです。その一方、すでに子育てを終えた世帯などが、少人数で暮らしやすい物件へ移り住むことが多いので、ファミリー向けの物件が中古として多く売り出される傾向にあるのです。

その分、築年数や設備は最新型ではありません。水回りなどの一部リフォームはできても、基礎に関わるような大規模工事は難しいでしょう。それでも「広くてのびのびと過ごせる家が欲しい」と思う人にとっては、中古住宅は十分に魅力のある存在であると言えます。