家族の団らんに欠かせないインテリアの選び方、使い方


住宅を建てる時には、家族を意識した住宅が重要です。最近の傾向としては、家族の絆を重視する人が増えてきており、家族がくつろげる空間やこだわりの空間が大事になります。では、家族団らんに欠かせないインテリアとはどのようなものでしょうか。その選び方・使い方についてしっておきましょう。

リラックスできる新築インテリアの選び方

新築住宅を建てるにあたり、リラックス出来るインテリアは重要です。会社や学校などから疲れて帰ってきても、自宅がリラックス出来る空間であれば、翌日も頑張れるでしょう。また、家族団らんの場にも最適です。

そこで、リラックス出来るインテリアとしては、まず広いリビングを作ることです。狭い土地の日本で建てる住宅ですので欧米のように広大なリビングを作ることは出来ませんが、家族がそこに集まり易いような広さにするべきではないでしょうか。もし、リビングの面積に限界があれば、リビングの隣の部屋とつながるように工夫をすることが大事になります。例えば、2つの部屋を仕切っている壁を出来るだけ減らして開放的に見せる工夫などが重要なのです。

今後の家族構成を考えた新築インテリアを考えよう!

家族構成を考えてインテリアを作る場合、まず家族の構成によって種類が変わってきます。日本の平均的な家族である4人家族の場合には、父母と子供が2人になるはずです。もし、まだ2人の子供が小さければ、リビングで遊んだり勉強しやすい空間を作ることが大事でしょう。

たとえば、小学生のうちは子供をリビングで勉強させたい場合、そこには親の目があることが必要です。この時に重要になってくるのがキッチンの存在です。母親としては夕方以降はキッチンにいることが多くなりますので、キッチンがリビングの方に向いているか、あるいは、キッチンからリビングまでの距離・動線がしっかりしているかが重要になります。

このように、新築でインテリアを考える場合には、何を重視したいかを考えることも大事です。

美しく綺麗に保つための新築インテリアとは?

せっかく新築住宅を建築するならば、綺麗で美しさを保つインテリアがほしいという人も少なく無いはずです。では、どうしたら綺麗で美しさを保てるインテリアを作ることが出来るでしょうか。それには、コンセプトを決めることが重要と言えます。

例えば、知的なインテリアにして同時に美しさを演出したい場合には、物をたくさん置かずにすっきりさせることが大事です。知的に見せるアイテムの1つは本棚です。もし、お客さんが来た時、リビングに大きめの本棚があれば、思わず本棚に目を向けるに違いありません。大きめの本棚を置くときには、窓などがあると邪魔になりますので、窓がない方角を作るか、あるいは控えめの窓を作り、大きめの本棚が置けるようにしておくことで、統一感のある美しいリビングが演出できます。美しいインテリアがあれば、自然に家族も集まって来るでしょう。