音はストレスの原因にも?知ってて得する防音知識


住宅を建築する時には、近所にも気を使った設計をすることが必要になります。住宅を建てて満足したとしても、そのせいでご近所との関係が悪くなってしまえば身もふたもありません。近所との付き合いを左右するものに音があります。近所迷惑を避けるためには遮音と吸音が必要になりますが、具体的にどういうことでしょうか。

防音対策で静かで快適な生活を送るには?

新築住宅を建築する場合、生活音などが近所に聞こえて近所迷惑にならないように配慮する必要があります。それと同時に、近所からの犬の鳴き声や人の話し声、テレビやコンポから聞こえる音も同時に避けることが出来るとよいでしょう。音については、遮音と吸音で避けることが可能になります。家を建て終わってから防音対策をするよりも家を建てる前に検討した方がよほど合理的になります。例えば、遮音シートを本格的に取り付ける場合には、壁の内側にシートを入れなければなりません。もし、住宅を建築し終わってからシートを入れることになると、簡易的な防音や遮音しか出来ないです。また、本格的な防音や遮音をするためには内壁を一度剥がす必要があり、非合理的な結果となるでしょう。

遮音性を高めるには?

遮音性を高めるには、基本的に機密性の高い住宅を造ることです。機密性が高い住宅とは、いわゆる隙間が少ない住宅になります。機密性を高くする方法の1つはサッシにヒントがあります。例えば、サッシが全く無い部屋と、サッシがある部屋ではどちらが音が聞こえ易いかといえば、当然サッシがある部屋になります。それほどサッシは音を通しやすいのです。

そこで、新築住宅を建築する時には、サッシにこだわった方が遮音性・防音性を高めることが出来ます。サッシにはペアガラスサッシを利用することで、音を防ぐことが出来ますが、それ以上に音をシャットアウトしたい場合には防音ガラスを利用するといいでしょう。

機密性を高める場合、遮音効果もありますが、断熱効果もありますので一石二鳥になります。

遮音だけではなく吸音も大事

防音対策として遮音をしてもなお音が気になる場合には、吸音をする必要があるでしょう。普通は、遮音をすることでさらに防音効果が出てきます。防音と吸音の関係は、まず防音が音を外に漏らさないようにする役割があります。ですが、それだけでは不十分です。なぜなら、音はこだまするからです。どこかで吸音をしないと部屋の中に音が響きわたることになります。

そこで、新築に遮音材を入れると同時に吸音材を入れることで、音を遮るだけでなく、音を吸収することで防音効果を発揮します。吸音材は、ウレタンなどを利用することで音を吸収することが出来ます。ちなみに、遮音材をなくして吸音材だけにした場合、やはり音が漏れてしまいます。吸音材は音を吸収するため、その密度が低いのです。