あなたはどっち派?注文住宅と自由設計


住宅を建てる際には注文住宅や自由設計など様々な選択肢があります。中でも注文住宅と自由設計は似ているようで確かな違いがあることを知っておきましょう。自由設計と注文住宅ではどのような違いがあるか、ご説明します。

注文住宅と自由設計の違いとは?

注文住宅と自由設計には大きな違いがあります。

注文住宅とは施主の要望や希望、理想とする間取りなどを業者が全て聞き入れ、なるべくその要望を取り入れながら暮らしやすいように一から設計することを言います。

自由設計の場合、注文住宅のように業者に希望を伝えるのではなく、メーカーごとに定められているプランの中から自由に選んで設計していく方法です。この方法はそれぞれのメーカーが提供している住宅プランの中から好きな色や柄、間取りなどを決めていき、次に標準仕様となっているものの中から必要な設備を選んでいきます。床面積も決められているものですが、床面積をオーバーした分は追加料金を支払う必要があるので注意しましょう。

注文住宅の特徴、メリットとは

自由設計とは違い、注文住宅は自分のこだわりを反映することが出来るのが大きな特徴です。

計画を行うにあたり、内装や外観をもっとおしゃれにしたい、広々とした空間にしたい、耐震性能の高い家にしたいなどといったあらゆる要望に可能な限り応えてくれるのが大きなメリットです。細かなところにまでこだわっていく分計画から入居までの時間が多くかかってしまいますが、建設途中の様子を見ながら入居する日を心待ちにする楽しみ方もあります。

また、予算も柔軟に対応することも出来ます。こだわっていきたい部分にしっかりと予算をかけつつ、そこまで需要視していない部分の予算を抑えるなど、お互いが納得するまで話し合うことで自分だけの住まいを手に入れることが出来るでしょう。

自由設計の特徴、メリットとは

注文住宅とは違い、自由設計は自分の思うがままに自由に住宅の設計が出来るのが最大の特徴です。

自由に設計が出来るといっても様々な制約や規制、法律に従って住宅を建てることになりますが、自分のライフスタイルに合った家を自由に作れることに間違いありません。

注文住宅には本当に一からデザインする方法と、決まったプランから好きなものを選んで設計する方法があります。一からデザインする場合だと細かなところまで自分で自由に設計が出来ますが、よほどの専門知識がない限り全くの素人がこの方法で設計をするのは難しいでしょう。よって決まったプランから選んで設計することで、自分に合った家を作れるのがメリットとなります。中には細かなところまでカスタマイズすることも出来る場合があるので、様々なメーカーを比較してみるのが良いかもしれません。