新築を建てた際の火災保険について


新築住宅を手に入れる時には、火災保険の加入が必要になります。火災保険に入っている家庭は多いですが、だからといって強制ではありません。任意加入でありながら火災保険加入者が多いのは、火災保険には重要な役割があるからのです。

どんな種類がある?新築の火災保険

新築住宅で火災保険に加入する場合には、火災保険の種類について知っておく必要があります。その種類ですが、一つ目は最低限の範囲を補償する住宅火災保険です。住宅火災保険は、火災が起きたときはもとより、落雷やガス爆発が起きたときにも適用されます。次に住宅総合保険です。住宅総合保険は、火災や落雷、ガス爆発だけでなく、水もれが発生した場合や家の中の物が盗難に遭った場合にも適用されるのがポイントになります。また、それ以上に補償範囲が広い、新住宅総合保険もあります。いずれも火災などが原因で家財も失ってしまった場合に補償はできる場合がありますが、別途お金が必要になります。毎月の支払いが増えることを考えると、かなり価値がある家財を所有している時などの場合には家財の保険も加入するべきです。

新築に火災保険をかける際の注意点

新築に火災保険をかける場合の注意点としては、まず、保険会社によって保険の内容が異なりますので、どの保険会社が自分の家に合っているかを考える必要があります。例えば、ある保険会社は家財の補償が安いですが、それ以外の基本的な補償は他の保険会社よりは高いとします。この場合は、家財保険までかける場合は安くなりますが、家財保険をかけない場合は他の保険会社の方が高くなる傾向があります。この場合は、家財保険をかける人であれば安く利用することが出来ます。このように、それぞれの保険会社によってその内容が異なりますので、自分達が求めている保険内容はどこが一番安いかを知っておく必要があります。火災保険を選ぶ場合には、総合的な保険を扱っている業者がありますので、営業マンに話を聞くか相談窓口で話を聞くとより詳しい内容がわかります。

新築の火災保険加入のタイミング!

住宅を新築で建てる時に、火災保険に加入するならば、どのタイミングで加入をするべきでしょうか。火災保険は加入した当日ないしは翌日から適用されますので、それほど急がなくてもいいと考える人もいるかもしれません。ですが、最低でもその家の明け渡しの2週間ぐらい前には契約を済ませた方がいいでしょう。明け渡しの前日に契約する場合には、何らかの不都合がありその日のうちに契約できないとなった場合、開け渡しに間に合わなくなるかもしれないからです。1日ぐらい遅れてもいいのでは、と考えるといざと言うときに後悔します。住宅のように数千万円の価値がある物に対しては完璧に準備をしておくべきです。万が一のことは油断をしている時にこそ起こるものだからです。