新築一戸建購入に役立つプロパンガスの知識


新築一戸建ての購入を検討している時、都市ガスが使える地域でもプロパンガスの設備が導入されている物件に出会うことがあります。都市ガスしか使ったことのない人にとってわかりやすいよう、プロパンガスと都市ガスの違いや、プロパンガスにするメリットをまとめてみました。

新築に住む時にガス会社を確認する

新築一戸建てを購入するのであれば、まずその地域が都市ガスが通っている地域なのか、プロパンガスしか使用できない地域なのかを確認することが必要です。

仮にその地域に都市ガスが通っており、あなたが都市ガスを選択したいのであれば、都市ガスの設備が設置されている物件を探すか、注文住宅を建てて都市ガスを選択しましょう。

逆にその地域に都市ガスが通っていない場合や購入希望の物件がプロパンガスの仕様で建てられている場合にはプロパンガスを使うことになります。プロパンガスと都市ガスは料理など日常の仕様に関しては大きく違うところはありませんが、料金については各ガス会社によって差がありますのでしっかり確認しておきましょう。

都市ガスとプロパンガスの料金の違い

では、都市ガスとプロパンガスではその使用料金がどれくらい違うのでしょうか。

一般的には都市ガスよりもプロパンガスの方が高いと言われていますが、それは地域や担当しているガス会社によりますので、正しい情報を知るにはやはり自分で調べることが必要です。

また、新築物件で同じ程度の土地・建物の場合、プロパンガスの設備を導入している物件の方が安く販売されていることがあります。これは都市ガスの設備の導入代金が家本体の代金に含まれているのに対し、プロパンガス利用の物件ではその設備の導入代金をガスの販売会社が負担しているという理由から生じるものです。

ランニングコストを考えて都市ガス使用の物件にするか、本体価格の低いプロパンガスの物件にするかは購入者次第ですが、利用料金に大きく差がないのであれば後者の方が有利になることもあるのです。

プロパンガスの物件に住むメリットとは

日々の料金については都市ガスの方が安くなる地域が多いとされるプロパンガスですが、都市ガスよりもメリットがある場合もあるのです。

例えば、プロパンガスの強みは災害時に強いことです。大きな災害があった際には広範囲で安全確認が必要な都市ガスよりも家の設備の確認だけで使用を開始できるプロパンガスの方が早く使えるようになります。

また、家の設備がオール電化に近い状態であったり、将来的にオール電化への切り替えを検討しているような場合には、本体価格が安くなるプロパンガス設備の家の方がいいかもしれません。

このように、購入希望の新築物件に導入されているガス設備が都市ガスかプロパンガスかでランニングコストや家本体の代金が変わってくることがあり、それは毎月の支払いやローンの額にも影響してきます。どちらのガスも使える地域であれば自分たちにはどちらの方がいいのかをよく検討してから物件を購入するようにしましょう。