屋根の種類エトセトラ。あなたはどの屋根を選びますか?


住宅を雨や雪から守る屋根は、とても重要な役割を担っています。しかし、そのような屋根にも種類があり、いろいろな形状のものがあります。住宅を建てる時は、屋根の形状による特徴の違いを理解して、必要な形のものを選ぶようにしましょう。

一般的な切妻屋根

新築の屋根には様々な形状のものがありますが、屋根といわれてると切妻屋根を思い浮かべることも多くあります。誰もが1度は見ていることが多い形であり、頂上部から下のほうへ2面野地板が延びているものであり、横から見たときに三角形をしています。この切妻屋根の特徴は、構造がシンプルなため比較的丈夫な造りになっており、雨漏りすることも少なくメンテナンス費用も安いですが、定期的なメンテナンスが必要です。また、三角形をしているため、豪雪地帯など雪が多く降る地域では、雪が積もりにくい形状であるため、雪の重さによる倒壊の危険性が小さいことも特徴として挙げられます。その他にも、デザイン的に和風・洋風どちらにでも合うものになります。

最近多い片流れ屋根

新築を建てる時に多くなってきているものに、片流れ屋根があります。これは、切妻のように両側に面があるのではなく、片側だけに面があり非常にシンプルな造りとなります。傾斜が一方向だけに向かっているため、雨樋を取り付ける場所も一箇所で済み、費用もとても安く済ませることができます。雨が降ったときに雨樋に集中してしまい溢れてしまうことがあるため、定期的に雨どいの詰まりなどをチェックして、木の葉などが詰まっていれば取り除くようにしましょう。また、屋根を南側に向けることで、太陽光が全体的に当たるため、太陽光発電を行なう場合には、パネルを効率よく設置することができます。しかし、北側斜線制限という、北側の家に光が当たらなくなるのを防ぐ制限があるため、片流れ屋根にするときは気をつけるようにしましょう。

屋上がある陸屋根

新築を建てる時に屋上を設けるときにするものが、陸屋根になります。傾斜のない平面状の形で平屋根ともいいます。傾斜がないため雨が降ったときの雨水に対処するため、ごくわずかに勾配を設定及び防水対策をすることが重要になります。防水対策としてはアスファルトで施工したり、ゴムや塩ビのシート、樹脂などを利用して防水することになります。陸屋根の特徴としては、平らであるため屋上を有効利用できることが挙げられ、屋上庭園やガーデニング、洗濯物を干したりバーベキューをする場所として利用することもあります。また、平らであるためメンテナンスが容易に行なうことができ、足場を設置しないでも良いためメンテナンス費用を安く抑えることができます。