不動産会社とのトラブルを避けるために


住宅の購入やリフォームは、高額な費用負担になります。そのため、何科とトラブルが生じることも多く、業者選びや対応には十分な注意が必要です。新築住宅を購入するときは特に、業者と連絡を取り合い、気になる点ははっきりさせておきましょう。

不動産に必ず確認しておきたいこと

新築物件を購入するときに不動産業者に確認しておきたいのが、引渡し後のトラブルの対処です。たとえ新築物件といえども、後日使用していた設備等がリコール対象外になったり、使い始めて間もなく故障や破損してしまったなどのトラブルが全くないとは言えません。このようなときに無料で対処してくれるのか、保証期間があるのか、定期的な検査などのアフターメンテナンスがあるのかなど、事前にある程度確認しておくと、いざというときにも慌てずに済みます。もちろん、連絡手段もきちんと聞いておきましょう。契約書の中に引渡し後の修理等について記載されていることもありますので、内容をチェックして、納得できないときには交渉することをお勧めします。

希望通りにリフォームを進めるコツ

新築の住宅の場合、引渡し後すぐに必要ではありませんが、ある程度年数が経過するとリフォームを検討する家庭も増えてきます。リフォームの場合、新築とは異なってある程度制限がありますので、希望通りに進めてもらうためには、実際に内部を確認してもらうとともに、工事中に状況を確認してその都度指示を出したほうが確実です。頻繁に工事現場に出向くことができないという場合には、事前に図面や工程表をもらっておくとよいでしょう。現場に行くときにはカメラを持参して、写真と図面を比較しておくと、家族間でどのようにリフォームを勧めるかを話し合うこともできます。そのため、連絡を取りやすく親身になってくれる担当者のいる業者の方がおすすめです。

後でトラブルに繋がらない為にチェックすべきこと

新築物件の引渡し前には、通常竣工検査として買主が住宅を確認する機会があります。とはいえ、素人では住宅の品質についてチェックすることはなかなか困難ですので、利害関係のない建築士を同伴することも多いです。内装や間取りなどの確認は買主が行い、基礎や床下、屋根裏などの確認は専門家に任せると、より安全性の高い住宅になるでしょう。自分で見える範囲で確認しておきたいのは、床が水平になっているか、壁紙がきちんと貼られているか、見える箇所のねじがきちんと留まっているか、傷や塗装の葉枯れなどがないかなどです。引渡し後の補修は有料になる可能性がありますが、この時点で補修を依頼した時には費用負担もありませんので、しっかり確認しましょう。