彩り、実用、エクステリアの押さえておくポイントとは


新築マイホームを考える時、多くの人はインテリアから検討し始めることでしょう。日々、生活をする場所にこだわりたいというのは当然のことですが、エクステリアについても早い段階から考えておいた方が、後々になって悔やまずに済む確率があがります。一体どのような点を考慮すれば良いのか、その詳細を解説します。

新築マイホームを彩るエクステリアを考えよう

新築物件は外観も真新しい状態のため、エクステリアの雰囲気が、家全体の印象を大きく左右する点に注意が必要です。例えば、優美なフェンスなどをあしらったガーデニングができる庭を作ったとしても、そこから洗濯物が丸見えになってしまうと、雰囲気が台無しになってしまうかもしれません。もしくは例えば、立派な車庫を作ったとしても、実は十分な広さが確保できなかったということになると、駐車できる自動車が制限されてしまうことでしょう。

このように、デザイン性と実用性はかなりの確率で相反するものです。生活しやすく雰囲気を損なわない形にするためには、「どういったイメージにしたいのか」をよく練り上げて、生活する上で必要な要素を取り込むように考えていくことが大切です。

エクステリアでこだわりたいポイントは

新築のマイホームにおすすめしたいエクステリアと言えば、まずは「門扉」があげられるでしょう。庭の広さなどを考慮した上で、和風にするか洋風にするかを考えます。更に、その門扉を中心にして、門袖やフェンス、アプローチ、植栽を決定していくことで、極めて統一感のあるエクステリアに仕上げることができるでしょう。

ただ、昨今は小さい敷地に建てられた住宅も増えており、門扉が設けられていないことも珍しくありません。その場合でも花壇などのスペースを設けることで自然を楽しむこともできますし、敷地の境界がはっきりしますので、自宅の敷地内に人が入り込んでしまうようなトラブルを防ぎやすくなります。狭いから、と諦めてしまう前にイメージを膨らませてみることがおすすめです。

意外とかかるエクステリア費用を抑える方法

新築の建物自体にお金がかかる上、エクステリアにかかる費用は高額になってしまう傾向にあります。結果、「外構よりも内装を充実させたい」と判断して、エクステリアについては後回しにしてしまうということも、珍しくないことです。

確かに予算には限りがあるため、なんでも良いものを導入するというのは難しい問題です。しかし、「見た目は同じようだけれども、安価な物」を安易に導入することはおすすめできません。エクステリアは常に日光や風雨に晒されており、耐久力が求められるものです。安価になればなるほど、耐久力が削られる可能性が高くなるのです。どうしても削減したいという場合は「見える部分だけ、一部だけ導入する」といった方法を用いましょう。具体的には「フェンスはオーソドックスなもので、門扉のみこだわる」といった、組み合わせをすることがおすすめです。