家庭内にLANを取り入れる


今や日常生活に欠かせないものとなったインターネット環境。あなたの家ではどのような状態でインターネットを使用していますか。インターネットに接続するには無線接続や有線接続、通信会社の回線を使うなどの方法がありますが、自宅に取り入れるのなら家庭内LANの導入がおすすめです。

新築におすすめ!家庭内LANとは

家庭内LANというのは、電話線のように外部から引いてきたインターネットの回線を家庭内の各部屋に張り巡らし、各部屋で快適にインターネットを使えるようにしたシステムです。このLANを設置すると各部屋でのインターネット使用に加えて、違う部屋にあるパソコンとのファイルの共有が行えたり、1階のリビングにあるプリンターに2階の書斎からデータを送って印刷したりというようなことも行えるようになります。

ただし、このlan工事を有線で行う場合には家の中に配線をする必要がありますが、壁や柱にコードが貼りついている状態はインテリアを考えてもあまり美しいものではありません。しかし、これから新築の家を建てる場合には配線を壁や床の中に通して設置することができますので、室内の見た目を損ねることなく家庭内LANを設置することができるのです。

LAN工事にかかる費用

では、新築の家に家庭内LANを設置するためのlan工事にはいくらくらいの費用がかかるのでしょうか。

実際の細かな費用は住宅の建設を依頼する建設業者によって異なり、また、何部屋にLANへの接続ポイントとなるモジュラージャックを設置するかによっても変わってきますが、基本的には配線に使用するケーブル類とシステムをまとめるルーターの機器、そしてモジュラージャックなどの部品などの費用が主なものとなります。中古の住宅に家庭内LANを設置する場合はこれらの費用以外に発生する工事費などが高くつきますので、費用の面から考えても、新築住宅の計画・建設時に家庭内LANの配線を計画しておくことは有効だと言えるでしょう。

自分でLAN配線もできる

ここまで新築の家を建設を依頼する建設業者や電気設備の業者による家庭内LANの工事について述べてきましたが、自分で家の中のlan工事を行うことはできないのでしょうか。

例えば、優先LANの場合は壁や天井などに配線が見えても良いというのであれば、自分で工事を行うことが可能です。また、無線LANを利用するのであれば無線ルーターなどを設置するだけでよいので、配線などが目立つ心配もありません。ただし、無線LANの場合は部屋によっては電波の届きにくい場所があったり、インターネットに接続する時間にタイムラグが出る場合などもあるので、部屋の配置などが適切であるかを確認しておく必要があります。

このように有線を使った家庭内LANを新築時に導入することには多くのメリットがあります。これから新築の家を建てる予定があるのであれば、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。