インターネットは今時必須。lan配線の押さえておくポイント


自宅でインターネットを利用する人は非常に多いですが、住宅を建てるときに配線を通す個所については、意外と見落とされています。追加工事をせずにすむように、予め多めに接続箇所を確保しておいた方がよいでしょう。

後で後悔しないために、考えておきたいlan配線

lan配線は、書斎やリビングなどの無線ルーターを設置する場所だけに通している人も多いですが、ほとんどのケースで追加で配線工事を依頼しています。注文住宅の場合には配管も比較的容易にできますので、基本はほぼすべての部屋で有線のネット環境が可能になるようにしておくとよいでしょう。無線でネットを利用している人も、安定性を重視して有線に切り替える可能性や、電波が届きにくい部屋などがあり、場所によってネットが使えない可能性を考慮して、配管工事だけはしておいた方が安心です。今すぐにどの部屋でもネットができるようにするというわけではなく、必要な個所だけ配線工事をしておき、新たに追加したいときに配管を利用して線を増やすこともできます。

快適なインターネット環境を構築するために必要なこと

注文住宅の場合には、lan配線も自由に設定できますので、できるだけ配管だけは全個室に通しておくとよいでしょう。こうしておくことで、現在無線で利用している人が将来的に有線に切り替えたいという場合や、子供が大きくなって部屋を持つようになったなど、部屋の用途を変更してネット環境が必要になった場合でも簡単に線を引くことができます。安定性や速度で比較すると、無線よりも有線の方が勝っていますし、費用面でも有線を利用したほうが安く済ませることができます。無線は利用場所によって安定性も速度もずいぶん不安定ですので、動画を利用したり、大容量のデータのやり取りをしたい場合には、必要に応じて優先に切り替えられるような設定にした方が安心です。

ここにあったらよかった、とlan配線で後悔しないポイント

注文住宅の場合には、lan配線は個室だけでなくリビングや台所にもつけておくと便利です。ネット環境を利用したオンデマンド配信などを導入する可能性もありますし、台所ではネットでレシピを検索するなど、意外と使い道があります。無線で情報収集することもできますが、将来的にノートパソコンなどの大画面がほしくなることもありますので、配線だけは通しておきましょう。また、寝室でも簡単な調べ物をする人がいますので、導入しておくと安心です。無線の場合、電波が届きにくい場所もありますので、ルーターから離れている部屋には念のため配管工事をしておくとよいでしょう。配管だけならばそれほど費用もかかりませんので、業者に確認しておきましょう。