フルローンって聞いたことあるけど大丈夫なの?


住宅購入の際、頭金を入れずフルローンでローンを組む人が増えてきています。実際に住宅を購入する際、フルローンにするとどのようなメリットがあるのか、またフルローンについて知っておきたい情報をまとめました。

確認しておきたい!「フルローン」って何?

フルローンは土地代と建築費用に加え、諸経費も含めた金額を融資先から借りる住宅ローンです。住宅を建てる際に組む住宅ローンは、土地購入費と建築費用をローンとして組み、頭金を入れることで融資先に返済ができることを証明する必要があります。しかし自己資金が少ない、また頭金などで手元の現金がなくなってしまうと先が心配といった場合に、頭金分は手元において運用し、住宅に関わる費用をすべてフルローンにする人が増えてきています。

しかしフルローンにした場合、毎月の返済額が増えるといった理由などから、組むことを考える人も少なくありません。しかし低金利の今、購入する物件の価格なども下がっており、この時期だからこそフルローンでの購入がしやすくなっています。また注文住宅についても、フルローンが使える金融機関も増えてきています。


注文住宅購入時にフルローンは可能?

注文住宅は建て売りとは違い、注文してから住宅を建てるため建築費用が必要となります。そのため住宅を建てる前に着工金を払わなければなりません。しかし住宅ローンで建築費用が下りるのは住宅が完成した後になるため、普通は頭金という自己資金で支払いを行う必要があります。この自己資金がない場合に、フルローンを利用することで支払いを行うことができます。

しかし注文住宅の場合は現金が必要となることも多いため、建築をする住宅メーカーとも打ち合わせをし、住宅ローンが下りるタイミングを見ておき、立て替えてもらう必要が出て来た場合にどうなるかもきちんと説明してもらうことが大切です。フルローンを用意する金融機関も増えてきていますので、フルローンで住宅ローンを組む場合は早いうちから審査の申込みなど準備しておきましょう。


注文住宅購入でフルローンをするメリットは?

注文住宅の購入時は、土地に対してもつなぎ融資といった支払いが必要になるなど、現金が必要となることが多くなります。さらに購入手続き以外にも、内装などで出費がかさみ元から用意していた頭金では資金が足りなくなることも考えられます。こういった事態に対し、フルローンならすぐ対応できるメリットがあります。

またフルローンのメリットとして、頭金で諸経費を払うのではなく、頭金や諸経費などすべて込みのフルローンにしておくことで、後々繰り越し返済をしたほうが低金利の今はトータルの支払い金額が安く抑えられるということもあげられます。

住宅購入後の生活も考え、住宅ローンが負担になることのないようフルローンという新しいローンの選択肢も考えておくべきです。購入時にはあまり考えることはないかもしれませんが、フルローンという実績があれば、今後住宅を住み替える際に有利な条件となる場合もあります。