インターネットの有線・無線について


パソコンとインターネットはもはや一体と化していると言っても過言ではなく、パソコンを購入したにも関わらずインターネットに繋がないというケースは非常に稀です。単に繋ぐだけでなく使いやすさも追求しなければいけません。

インターネット環境についても考えよう

新築を建てる際に、インターネット環境について考慮しないと後に後悔するかもしれません。有線か無線wifiかの選択はもちろん、一部の部屋だけでインターネットを使うのか全ての部屋でインターネットを使うのかなど事前に決めておくべき点は多々あります。

例えば3階建ての新築で、自室を3階にしてしまうと有線ケーブルがとても長くなりますし、無線wifiの場合はなかなか電波が届かなくてストレスが溜まるかもしれません。当然、電波の発生源に近ければ近いほどサクサクインターネットをできますし、遠いと電波が不安定で動作がスムーズにならない可能性があります。インターネットは情報を得る為、生活に欠かせないのでしっかりと考慮したいです。


有線の場合は配線が必須!

新築で、無線wifiではなく有線でインターネットに繋ぐ場合は当然有線ケーブルが必要です。ただ、そのケーブルを廊下や階段に垂らしておくと生活に支障が出ますし踏んで切れてしまう可能性もあります。なので有線の場合は必然的に配線が必須で、電気関連に詳しい方であれば自分でもできますが素人であれば配線工事をしてもらわないといけません。

配線工事は壁を這わせたり穴を開けたりして、線とパソコンの距離を近づけます。壁を這わせるだけであれば問題はありませんが、穴を開ける場合間取りも関わってきます。

新築を建てる時に、もし有線でインターネットを繋ぐことが決定している場合はその旨を業者に伝え、金具の取り付けやすい壁質にするなどの対策をします。

無線wifiの場合は電波環境を考慮しよう!

新築を建てる時に無線wifiでインターネットを繋ぐと考えている場合は、無線wifiの特徴を把握しなければいけません。無線wifi自体は電波なので目には見えませんが、障害物に弱いという特徴があります。なので、電波が遠くて壁が何枚もあると同じ家の中でもほとんど電波が届かないという状況があり得ます。

無線wifiを使うには電波を放つ大元の機械が必要で、その機械とパソコンの距離が近ければ問題無く使用できます。ポイントとして、距離だけでなく壁などの障害物がなるべく少なくなるように家を注文すると良いです。むやみに部屋を小分けにせず、開放的な雰囲気にするとwifiも使いやすくなります。また、金属の壁にはめっぽう弱いので、注意が必要です。