騙されない!新築エアコンの相場や業者選び


地球温暖化も進み、今や夏にはエアコンがないと熱中症などの心配が絶えず、快適に生活ができません。新築物件を建てた際も、居住開始時にすぐにエアコンが使えるように手配したいものです。新築時にエアコンにまつわるあれこれを紹介しましょう。

新築にエアコンをつけるといくらかかる?


新築で、エアコンを購入して取り付けた場合も、既築住宅に取り付けた場合も取り付け費用間全く変わりません。

既築住宅にあらかじめエアコンが取り付けられていて、取り替え工事をする場合は、前のエアコンの処分費用や下取り費用などがかかる分が異なるくらいです。

さていったいどのくらいかかるのかというと、業者によって様々です。家電量販店系が契約している工事業者であれば、10,000円前後の料金が多いです。インターネットで申し込みをしているようなエアコン取り付け業者であると、5,000円から8,000円程度のところが多く、町で見かける地域密着型の電気店などに申し込むと、10,000円前後が相場になっています。

いずれにしても、10,000円前後はかかる物と考えておいた方が良さそうです。

オススメの業者3選


新築でエアコンを取り付ける場合、実用的なことを考えると、「地域密着型の地元の電気店」が最もおすすめです。電気屋さんは、基本的にはあらゆることを想定して、部材を揃えてエアコンを取り付けに来てくれます。しかし、現場で作業を開始してみると、ダクトを通すための穴が空いていなかったり、コンセントがエアコン用の物が用意されていなかったりなどの、想定外の事態に直面することがあるのです。そんな場合「地域密着型の地元の電気店」であれば、すぐに部材を取りに帰ってくれるので、その日のうちに確実につけてもらえます。

しかし、次におすすめなのが「家電量販店とつながりのある工事業者」です。豊富な経験を持つので、工事も安心してみていられるでしょう。

費用優先であれば、「インターネットで申し込める格安工事業者」でしょう。


手抜き工事に注意!ここを確認!


新築時のエアコン工事には、せっかく高い費用を支払うので失敗はして欲しくないものです。

最初の確認ポイントとしては、エアコン本体を家の中に搬入する時にせっかくの新築物件を傷つけないように、綺麗に養生をしてから搬入することを確認すべきです。

もし、エアコンのダクトが空いていないようであると、ドリルで空けることになりますが、その際は家の図面を提示しましょう。大切な通し柱に傷をつけられてしまっては大変です。

また、屋外に設置する室外機については、設置部分のネジなどに緩みがないかどうかをしっかりと確認しましょう。緩みがあった場合、微妙な振動が発生して建物全体に振動が伝わり家の中全体にウナリのような音が発生してしまいます。これは、静かな環境で数十分試運転するだけで判断が付きます。