新築を機にオール電化がおすすめです


新築住宅を購入するときには、水道光熱費や安全性等を考えると、オール電化がおすすめです。近年ではガスを入れずにオール電化住宅にしている世帯も増えていますので、興味があればその特徴をチェックしてはいかがでしょうか。

新築ならガスなしでオール電化に

新築住宅にするときには、給湯や調理などの熱源を何で賄うかを自由に決めることができます。以前はガスやボイラーでこれらを賄っている家庭が多かったのですが、近年では電気に一本化する世帯が増えています。ガスは配管工事に時間や費用がかかりますし、災害などがあると使うのが危険なため、止められてしまう恐れがあります。また、灯油を利用したボイラーは給油が面倒というリスクがあります。オール電化にすることで、これらのリスクを軽減させることができます。また、太陽光発電と組み合わせることで電気代を抑えられるだけでなく、売電によって収入を得ることも不可能ではありません。オール電化用のプランも多数ありますので、大きな節約になります。

オール電化のメリット

新築をオール電化にした場合のメリットはいくつかあります。貯湯タンクを設置することで、災害時や断水の時にもある程度お湯を供給することができますし、ガス代や灯油代がかからないため、水光熱費の管理もしやすくなります。さらに、ガスに比べると火災などが発生しにくくなり、調理中にその場を離れても自然に消えるように設定されていますので、高齢者の生活においても安全性が高くなります。夜間の電気代が安いこともあり、仕事で日中は家を空けている家庭では、かなり水光熱費を節約できます。災害時の復旧もガスに比べて早めですし、太陽光発電パネルを設置している場合には、停電時にも問題なく生活することができるなど、便利な住宅です。

オール電化の注意点

オール電化にすることで気を付けておきたいのは、新築時にガスの配管を引かないため、のちにガスを導入するときには大掛かりな工事になるという点です。また、調理台はフラットパネルなので掃除がしやすいですが、汚れや傷が酷くなった場合でも、システムキッチンなので調理台だけを交換するということができません。また、調理器具もIH対応のものを使用しなければなりませんので、鍋やフライパンを購入するときには注意が必要です。昼の電気代はガスに比べて割高になりますし、停電の時に太陽光パネルがなければ、全く調理ができなくなるという問題もあります。いざというときに備えて、ストーブや卓上ガスコンロを用意しておくとよいでしょう。