新築またはリフォームのメリットとは


新築はもちろん、リフォームも家の雰囲気を大きく変えます。どちらもそれなりの出費があるので、安易な決断をせず慎重に話を進めていきたいです。より良い選択をするには、双方のメリットを把握する必要があるので紹介します。

新築とリフォーム、どっちがおすすめ?

新築とリフォームのどちらがオススメかは、個々の考え方によります。全てが新しい空間に魅力を感じるのであれば新築という決断になりますし、そうでなければリフォームも良き手段です。

もう一つ考えなければいけないのは、料金の違いです。新築とリフォームでは料金に大きな差があるので、金銭面での余裕を考慮したいです。この場合、もちろん新築の方が高額ですが、大胆なリフォームであれば田舎で新築を購入できてしまうほどの出費となる場合があります。

金銭的な余裕が無い場合は必然的にリフォームを選択せざるを得ないですが、金銭的に余裕があるのであれば、注文住宅で一から新しく家を建てた方が構造やスペースなど思い通りになりやすいです。

新築でしか得られないメリットとは!

新築でしか得られないメリットは、やはり全てが新しい空間の中で生活する心地良さです。真新しい木の香りや、ピカピカの床など全てにおいて新鮮なので心が躍ります。その点、リフォームでは新しい部分ができるものの、リフォームしていない部分はこれまでと何ら変わらないので新築のような高揚感は得られません。

また、新築は新しい建材が使われているので虫害・錆・ヒビなど経年劣化に無縁です。もちろん時間が経つに連れて家は傷みますが、しばらくは綺麗な状態を維持できます。外観的に綺麗なだけでなく家の強度も最高の状態を維持しているので自然災害に強いと言えます。

新築は、人間で言う質実剛健のような感じで、外観だけでなく中身の機能もしっかりしています。

リフォームでも得られるメリットとは!

リフォームでも得られるメリットは、新築にかかる費用よりも安く済むにも関わらず、家の内外を変化させることができる点です。家に長く住んでいると、不便な点や改善したい点が大なり小なり出てきます。その部分をダイレクトに改善することで不満を解消できます。つまり、新築のように全てを新しい空間にするよりも、長年の生活の中で気になった部分だけを解消した方が出費を抑えつつ理想に近づけることができるのです。

また、長く家に住んでいると愛着が湧いてきますし、身長が伸びる度につけていた印など消したくない部分を残しつつ他を新しくできるので、大切な思い出は消えません。

リフォームの技術も年々増しており、色々なことができるようになってきました。