夢のマイホームを建てよう!あなた好みの外壁の選び方


夢のマイホームを建てる時、間取りなどの内装にこだわる人は多いですが、外壁にこだわる人はそれほどいません。ですが、住宅は外から見たイメージは重要になります。そこで、どのような外装がいいのかということや、美しさを保つメンテナンスについても知っておきましょう。

憧れの新築建てるのに必要なことは

あこがれの新築住宅を建てる時に必要なことの1つに、明確なイメージがあります。とにかく住宅を建てたいという気持ちが強くても、どのような住宅を建てたいかのイメージがなければ満足できる住宅を建てることは出来ないでしょう。満足できない住宅には愛着が湧かず、数年で手放してしまう人もいます。その一方で、満足できる住宅を手に入れると、一生住み続けても飽きず、愛着も湧きます。

そこで、住宅のイメージを明確にするためにはモデルハウスの見学に行ってみるといいでしょう。5,6軒のモデルハウスを巡ればおおよそのイメージをつかむことが出来ます。モデルハウスに行く時には、内装ばかりを気にしてしまいがちですが。外壁に付いてもよく見ておくと、自分の家を建てるときに大いに参考になるでしょう。

新築に合う外壁とは

新築住宅を建築する場合、外壁の色はどのような色がいいでしょうか。実は外壁塗装の色にはかなり多くの色があり、1つの塗料でも30色から40色ぐらいはあります。外を歩くとき住宅の外壁の色を気にしながら歩いていると、実は外壁にはかなり多くの種類の色があったのだということがわかります。

多くの色の中で、新築に似合う色を探す場合のヒントは、当然新築住宅が建築してある所に行って実際にどのような色が使われているかを見学することです。もし、見に行く時間がない場合は、不動産会社のチラシや紹介サイトなどを参考にすると良いでしょう。最近新築住宅を建てる時によく使われている色はアイボリーや白になります。やや黄色がかった白を使うのが人気になっています。

新築を買うという事は

住宅を購入して、新築に似合う理想の外壁塗装をした場合、そこで満足するのもいいでしょう。ですが、満足してそれで終わりというわけにはいきません。綺麗に塗られている外壁も10年から15年経過する当たりでかなり汚れてきますし、クラックなどが発生してそのひび割れた部分から住宅の内部に湿気が入り込んでしまっていることもあります。

そこで、外壁塗装をしたなら、その後のメンテナンスが重要になってきます。メンテナンスとしては、数年に1度業者を読んで外壁の様子を見てもらうことが大事になります。また、新築を建てたときから15年前後で一度外壁塗装の塗り直しを行います。新築を購入すると言うことはその分メンテナンスの手間もあると言うことなのです。