お世話になった身内へ恩返し、タイミングと相場やおすすめギフト



心ときめく新築での新生活ですが、気持ちの良いスタートを切るためにも、お世話になった身内への恩返しや御礼を疎かにしないようにしましょう。もしも「新築祝い」を頂いたのなら、心を込めたお返しをすることをおすすめします。

新築内祝いはいつ贈るのか


「新築内祝い」とは、親族や友人から「新築祝い」を貰った際にするお返しのことを言います。

お祝いを貰った場合、最もよいお礼の方法は「自宅に相手を招待して、お披露目と食事会を開くこと」と考えられています。しかし、お互いの日程が合わない、相手が遠方地に住んでいて来てもらうのが難しい場合などは、招待する代わりに品物に変えてお礼をすること、となっているのです。

では、内祝いを返すのはいつ頃までが適切かと言うと、一般的には「引っ越し(お祝いを貰って)から一ヶ月から二ヶ月以内」が多いでしょう。お披露目をする際は「家の中が片付いたら(引っ越ししてから一〜二ヶ月くらい)」という考え方があり、内祝いもこれと同じように考える傾向にあります。なお、お祝いを郵送で頂いた場合などは、受け取ったらすぐにお礼の電話や手紙を送り、その後改めて品物を贈るとスマートです。

熨斗のマナーと相場はいくら?

新築内祝いをする場合は、他の慶事での対応と同じように「熨斗」を忘れないようにしましょう。水引は蝶結びか花結びで、慶事用の紅白や金銀を選びます。同じような色合いでも「結びきり」と呼ばれる形状の水引がありますが、こちらは「一度だけの慶事」を意味し、結婚式や病気からの回帰のお祝いなどに用いられるものですので、内祝いには適しません。「新築を建てるなんて、人生に一度きりだろう」と思うかもしれませんが、「何件も新築を建てられるほど立派である(あって欲しい)」という思いを込めて、何度でも結び直せる蝶や花を用いましょう。

熨斗書きは、水引の上に「新築内祝」や「内祝」、水引の下に送り主の姓を書きましょう。二世帯住宅などで親子連盟の場合は、親の姓を右にします。その他、メッセージカードなどを中に添えるとより良いのですが、「お返し」ではなく「お贈りさせていただきます」という表現を使うように注意しましょう。

新築内祝いにおすすめのギフト

新築内祝いとしておすすめの商品としては、「験を担いだ縁起の良い物」や相手の趣味や好みに合わせた「食品・実用品」などが良いでしょう。

まず縁起の良い物としては、「家(入れ物)ができた」ということにかけ、「お椀などの食器類」があげられます。昨今は木製や金属製のこだわりの食器・カトラリーなども手に入れやすくなっていますので、相手の趣味などに合わせて検討すると良いでしょう。

物を増やすよりも実用品の方が喜ばれるというのであれば、相手の好みなどに合わせましょう。小包装のものや瓶詰のものなど、ある程度長期間に渡って楽しめるものの方が喜ばれる傾向にあります。

なお、品物の費用は「いただいたお祝いの1/3から半分程度の額のもの」とするのが礼儀と考えられています。「お世話になった気持ちを伝えたいから、もっと高額のものを差し上げたい」と思う場合は、また別の機会に取っておくと良いでしょう。