押さえておくべき!新築祝いの相場など



マイホームの新築は、人生で何度も経験することではありません。そのマナーはあまり知られていないのが現状です。突然新築祝いをもらったらあなたはどうしますか?きちんと対処できるように、新築祝いに関するマナーを学んでおきましょう。

新築祝いのお返しのマナーは?知っておきたい相場のあれこれ

まず、新築祝いをいただいた時にお返しを渡す必要があるのかについては、「お披露目会」をした場合は必要ありません。お披露目会にて、お祝いをいただいた片を招いてお食事などを提供すれば、それがお返しとなるからです。
しかし、遠方の人などお食事会に誘えない人もいるでしょう。そんな時にはお返しをするのがマナーです。気になる相場ですが、それはいただいたお祝いのお金や品物の、半分から3分の1程度の金額が相場となります。いただいた物品の価格がわからないことがあるかもしれません。しかし今はインターネット社会。インターネットで調べれば大抵の品物の価格は調べることができるでしょう。どうしても価格がわからない場合は、手紙などを添えることで感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

新築祝いの時期は?お返しは必要?

新築祝いのお祝いのお返しは基本的には必要です。先に説明したように、「お披露目会」を開催するという形でのお返し方法もあります。場合によっては、相場にい合った贈り物を贈る場合もあるでしょう。
新築祝いのお返しの時期は、転居後、1ヶ月から2ヶ月程度の期間を空けた時期が最良です。丁度引っ越しを終えて、落ち着いた頃というわけです。ただし、新築祝いをいただいた場合は、お礼状やお礼の電話は、その日か、翌日までに行うのがマナーです。
多少蛇足になるかもしれませんが、「お返し」という言葉はタブーなので覚えておいた方が良さそうです。「お返し」という言葉は、もらったから返すという後ろ向きな響きがあります。一般的には「内祝い」という言葉を使うのが正解です。

新築祝いのお返しは、どんな品物が良い?

新築祝いのお返しの相場がわかったところで、いったいどんな物を送れば良いのでしょうか。
もし、近い親族から高額なお金をいただいたり、高額な物品をいただいたりした時は、あまり相場にこだわる必要は無いでしょう。なぜならば、高額なお祝いには「援助したい」という気持ちが含まれているからです。高額なお返しをしてしまうと、その気持ちを踏みにじることにもなりかねません。お返しは、上限1万円程度を目安として、後は、心からの感謝を伝えることが大切です。
また、実際に内祝いとしておかえしを送る際には、最近は相手が喜んでくれる物を送りたいと考える人が増えています。そんな時には、商品券やカタログギフトなどを利用してみてはいかがでしょうか。