無駄な資金を使わないために必要な知識


注文住宅を建てるときには、できるだけ資金を抑える必要があります。ほとんどの場合、見積もりよりも追加工事で高額になってしまいますので、節約できるところは節約し、優先順位の高いところに予算をかけましょう。

建売よりも知識が必要。

住宅を購入するとき、注文住宅にする課建売住宅にするかで迷う人も多いです。トータルコストで見ると、確かに建売の方が安くなりがちですが、材質や間取り等の自由度など、上手に作れば注文住宅の方がコストパフォーマンスの高い住宅になるケースが多いです。そのため、まずは住宅を安く立てる為の知識を得て、ローンの利息といった財産にならない支出を減らすための自己資金を確保しておきましょう。注文住宅の中でも、デザイン性の高いオーダーメイドの備品が多い住宅は高額になりますが、シンプルな形にしたり、既製品のドアや窓などを入れるなど、ちょっとした工夫で坪単価を安くすることができます。コストダウンのいろいろな方法を知っておくと、満足度の高い住宅になります。

プランの追加で夢も膨らみコストも膨らむ。

注文住宅で陥りやすい失敗が、契約後のプランの追加です。当初思い描いていた住宅から削るのは困難ですが、追加は心理的なハードルも低くなりがちです。ましてや、数千万円の高額な買い物なので、数十万円程度の金額が少なく思え、あれこれ追加しがちです。しかし、これはコストを膨らませることにもなりますので、追加をするときにはどこかでコストダウンを図りましょう。この時に、ローコスト住宅を建てるときのコツを知っておくと便利です。自己資金は購入代金の2〜3割程度が望ましいといわれていますが、これを大きく逸脱しない範囲でプランを追加するのがおすすめです。営業からいろいろなプランを提案されることもありますが、自宅に本当に必要なのかよく考えましょう。

必要な貯金以外はすべて自己資金に。

注文住宅を建てるとき、フルローンで審査に通ることもあります。しかし、借入額が多いと利息も当然多くなります。利息は住宅の質が上がるための支出ではありませんので、極力減らせるように自己資金を投入しましょう。ただし、長い返済期間で収入を得ている人がけがや病気などで働けなくなったり、出産や入院、子供の進学などの事情で支出がかさむこともありますので、ある程度は貯金を確保する必要があります。一般的には、数か月〜半年くらいは収入がなくても生活できる程度の貯金を残し、後は自己資金として購入費用に充てることが多いです。ただし、登記費用や不動産取得税などの引き渡し後の支払いもありますので、その分は取り分けておきましょう。