初めての注文住宅で気になるところ


初めて注文住宅を建てる時、どんな注意点があるのか、住宅ローンはいつも通り組むことが出来るのか、家を建てるタイミングはどうすればいいのかなど気になるところがたくさんあります。注文住宅を建てる時に知っておきたいこととは何か、ご紹介します。

知りたい!注文住宅の注意点とは?

住宅ローンやタイミングの問題も気になりますが、それ以上に注文住宅を建てる時の注意点があります。

何より一番気を付けておきたいのが、費用の問題です。注文住宅のメリットは自分の希望する間取りや外観、内装のデザインなど自分好みの住まいにすることが出来ることですが、あれもこれもと様々なところにこだわっていると高額な費用がかかることになりかねません。予算次第ではありますが、本当にこだわっていきたいところにだけ費用をかけるといった綿密な資金計画が必要となるでしょう。

もし高額な費用となった時に住宅ローンを組む際には一つの金融機関だけでなく、複数の金融機関を利用すると費用を支払いやすくなるかもしれないので覚えておきましょう。

なるほど!注文住宅のための住宅ローンとはどれぐらい?

注文住宅を建てるタイミングも大事ですが、住宅ローンを組む時に知っておきたいことがあります。

一般的な住宅なら既に建てられた住宅に対して費用を支払いますが、注文住宅の場合は建物が完成する前に資金が必要となります。住宅ローンは本来住宅を抵当として融資を受けることが出来るものなので、住宅が完成していなければ融資が受けられません。注文住宅は契約時、着工前、上棟時、完成前と複数回に分けて費用を支払っていきます。その際に利用出来るのがつなぎ融資です。つなぎ融資は融資を受ける金融機関の住宅ローンを利用することを条件に、抵当なしで融資を受ける方法です。つなぎ融資の審査に通れば住宅が完成する前に融資を受けることが出来ます。工事が完了して登記登録を行った後に住宅ローンの本審査が始まる仕組みになっています。

気になる!注文住宅を建てるタイミングはいつがいいの?

注文住宅を建てるタイミングは人によって違うもので、住宅ローンを組む時の審査にも影響するでしょう。

注文住宅を建てる際にかかる時間も重要ですが、それ以上に仕事やお金、家族などを考慮してタイミングを決めるのが得策です。仕事やお金を基準にタイミングを考える場合、住宅ローンを組む時に先のことを考えてから組む必要性があります。注文住宅は費用が高額になりやすいので長く返済し続ける場合だと、定年後にまで返済する時に完済出来るかが不安になります。また、家族を基準に考えるなら、自分の好みだけでなく家族全体にとってどんな住まいにしていくのか、費用はどうするのかなどを話し合う必要性があります。家族全員の意見がまとまった時こそ注文住宅を建てるベストなタイミングになり得るでしょう。