家を建てる時に気を付けよう!メンテナンスフリーのススメ

一般的に住宅の寿命は25年程度とされています。寿命を迎えてしまった住宅は、取り壊して新しく建て直すかリフォームをしなければなりません。特に日常的に雨風にさらされている外壁や屋根は、10年に一度塗り替えが必要になると言われています。

耐候性の高い塗料で外壁をパワーアップ!

建て替えやリフォーム・外壁塗装と言った様々なメンテナンスが必要になると、それなりに費用も掛かってしまいます。しかし、住宅を建てる際にメンテナンス不要の住宅を建てるようにすれば、このような手入れの手間や費用を極力抑えることが出来るのです。例えば外壁についてですが、選ぶ塗料によって耐久性や耐候性にも違いが出ると言うことをご存じでしょうか。一般的な住宅に使われる塗料はシリコン樹脂塗料ですが、耐用年数は概ね10年とされています。しかし耐候性の高いフッ素樹脂塗料を選べば、シリコン樹脂塗料の約倍の年数の20年近く持つと言われているのです。フッ素樹脂塗料を選んだ場合他の塗料と比べるとやや価格が高いため初期費用こそ掛かりますが、耐用年数を考慮するとそれもお得であると言えます。

目地の耐候性を上げるために高耐候性シーリング材を使用する

外壁の目地は、建物の動きを吸収し地震などでヒビが出来ることを防ぐ役目を担います。外壁の目地やつなぎ目・隙間には、シーリング材と呼ばれるペースト状の建築資材が使用されますが、このようなシーリング材にはいくつかの種類があり、住宅を建てる際に耐候性の高いシーリング材を選べばメンテナンス不要で長持ちさせることが出来ます。その一つに、外壁の目地や窓枠等のつなぎ目などにオールマイティーで使うことが出来る変成シリコン系のシーリング材があり、耐久年数が約15年と優れており、塗装前でも塗装後でも使用できると言うメリットがあるのです。雨や湿気・熱に強く接着性も高い上に、いつまでも硬化しないと言う優れた特徴を持ちます。

保証を確認してメーカーのメンテナンスフリー外壁を使用する

近年はメンテナンス不要の外壁が、様々な住宅メーカーで開発されています。例えば陶器の材料で陶器を同じように作られた外壁材は、火に強く硬度があり色褪せしにくくて高級感があるので、外観のデザイン性にもこだわって家を建てたいと言う人におすすめです。またALCコンクリートを使用した外壁であれば、耐火性に優れ湿気や雨水にも強く腐食の心配がありません。強度も強くベーシックなデザインなので、比較的シンプルな外観を望む人におすすめです。一般的にメンテナンスフリーの場合、必ず保証が付くはずです。信頼出来るメーカーを選ぶことや、保証について記載されているパンフレットや書面で、保証内容についてしっかりと確認しておく必要があります。